航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS さんふらわあ今昔物語 栄光の別府航路#2

<<   作成日時 : 2018/11/06 16:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

商船三井公式ホームページ「カジュアルクルーズ さんふらわあ」上で
浪人が連載を担当している「さんふらわあ今昔物語」。
その新作が11月6日に更新された。

今回は「栄光の別府航路#2」。
https://www.mol.co.jp/casualcruise-sunflower/article/time/konjaku_06/

久しぶりに、横浜大さん橋に出かけてみた。
ちょうど1隻の小さな客船が出航するところだった。
「ロイヤルウイング」という、この船ではランチやディナーなど、
食事をとりながら横浜港をめぐるクルージングを定期的に行っている。
食事だけではなく、結婚式も行われるようだ。

画像


そんな出だしで始まる今回のストーリー。

えっ、さんふらわあの今昔物語じゃないの?
別府航路のヒストリーなのに、なんで横浜なの?

そんな疑問を抱いた人も、
もしかしたらいるかもしれない。

そんな?が頭上に浮かんでしまった人たちは
イントロをもう少し読み進めてみる必要がある。

港ヨコハマの風景を彩るロイヤルウイング。
実は船齢60年近いオールドシップであり、
かつては「瀬戸内海の女王」の異名をほしいままにした


ロイヤルウイングがいつ誕生し、
別府航路の黄金時代を演出し、
いつから横浜にやってきたのか。

そのヒストリーをメインに
別府航路の栄光と斜陽を描いたのが
今回の「栄光の別府航路#2」である。
画像

浪人が2年連続で乗船した「コスタネオロマンチカ」と
別府航路の栄光を知る「ロイヤルウイング」(手前)


なお、栄光の別府航路シリーズは次回(#3)が最終回。
更新はこれまでのペースから考えると
12月上旬が濃厚だ。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さんふらわあ今昔物語 栄光の別府航路#2 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる