航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS さんふらわあさつまde弾丸クルーズ#6 12年ぶりの志布志で(下)

<<   作成日時 : 2018/11/06 10:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

志布志市役所の前にやってきた。
それにしても志布志が多すぎないかw
画像


ついに志布志のシンボルの前にやってきた!
画像

その全身像
画像

画像


大慈寺
12年前の志布志取材ではご住職にインタビューしたり、お宝の撮影をしたりした。
お賽銭のところも島津家紋なのがなんとも…
画像

2006年撮影のお宝の一部
画像


明治初年までの大慈寺はもっと広かった。廃仏毀釈で現在のスケールに縮小
画像

大慈寺とその周辺の史跡の位置関係
画像


琉球国僧のお墓が大慈寺の境内に。
中世から栄えた志布志は琉球はおろか海外ともつながっていた
画像

画像

12年前は気づかなかった庭に行ってみる
画像

「よくきたなあ まあ すわれ」
まあ、東京から鉄道と船を乗り継いでここまで来たので・・・
画像

本当に河童と対話できるイスが
画像

そして兎もカメもいる
画像


大慈寺の前にあるラーメン屋。
12年前の取材で、志布志市役所の方とここでランチをとった。
鹿児島ラーメンには沢庵が付くということを、ここで初めて知った。
ちなみに「マルチョン」ラーメンと呼ぶ。
画像


スタート地点の志布志駅に戻る。
12年前になかった観光案内所(左)が併設され、
やはり12年前になかったツバメの家がある。
画像

12年前に浪人が制作したフェリー船内誌「さんふらわあ」の志布志特集。
今回の志布志訪問にあたり、インターネットで志布志の記事をいくつかさがしたものの
結局これが12年後にも最も役に立ったことは内緒w
画像


さて、志布志駅からフェリーターミナルまで歩いていって、大阪に戻ろう。
実はこの道路、国鉄の廃線跡である。
画像


この道路をまっすぐ進むと、鉄道記念公園に着く。
大隅線と志布志線は1987年(国鉄分割民営化が行われた年)に廃線。
志布志とつながるのはいまや日南線のみ。
画像

画像

12年前にも取材でこの公園にも足を延ばしたが、
その時とほとんど何も変わっていないたたずまいであった。
画像

画像

画像

画像


近所の子供たちが駆け回る公園をあとにして
浪人はまっすぐ大阪行き。
かつてはマルエーフェリーも旅客を扱っていたが
いまはRORO船しか来ないのは残念。
それにしてもかつての志布志は
フェリーで東京にも大阪にも沖縄にも行けたんだな。
画像


駅から徒歩20分でターミナルに帰還!
画像

画像


本当に「志」があふれる町であった。
画像


<つづく>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さんふらわあさつまde弾丸クルーズ#6 12年ぶりの志布志で(下) 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる