航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 今こそフェリーに乗って旅に出よ!(前編)

<<   作成日時 : 2018/08/04 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の浪人ブログのタイトル、
商船三井公式HP「カジュアルクルーズ さんふらわあ」で
つい2日前にアップされたコンテンツのタイトルでもある。
https://www.mol.co.jp/casualcruise-sunflower/article/fun/talk-1st/

船旅のプロと旅行のプロが対談 インスタ映え、のんびり旅、最新の旅行トレンドは船旅にあり!
というサブタイトルに続き、
このようなイントロで対談が開幕する。

最近、日本のフェリー業界は新造船ブームを迎えています。
われらが「さんふらわあ」も昨年は大洗–苫小牧航路に「さんふらわあ ふらの」と「さんふらわあ さっぽろ」が、
今年は大阪–志布志航路に「さんふらわあ さつま」が就航しました。
そして9月には新しい「さんふらわあ きりしま」も就航予定です。

もっと快適に過ごしたい、ペットと一緒に旅をしたい、
そんな個人客に向けた設備やサービスを整えた新造船によって新しい時代を迎えつつあるフェリー旅。

しかしフェリーの旅は旅行手段としてはまだまだマイナーです。
どんな魅力があるのか、どんな旅が楽しめるのか、知らない人も多いのが実際のところではないでしょうか。

そこで今回は本誌で「さんふらわあ今昔ものがたり」を連載中の航海作家・カナマルトモヨシ氏と、
近ごろすっかりフェリー旅に夢中の旅行ライター・いからしひろき氏に、
大阪港から志布志港行きの新造船「さんふらわあ さつま」の船内で
フェリー旅の魅力について語り合っていただきました。

画像


6月末に浪人ブログにアップした
「さんふらわあ さつま」に乗ってきた
https://rohnin1966.at.webry.info/201806/article_3.html
のなかで、こんな思わせぶりなことを書いた。

乗船目的はもうひとつあるのだが、
それはまたのお楽しみ、ということで。


もうひとつの乗船目的とは、
この対談を行うことだったのである。

対談というと、なんだか立派な席が用意され
厳かな雰囲気の中行われたのではないか、
と想像した方ももしかしたらいらっしゃるかもしれない。

しかしその現実は・・・。
酒を片手に好き勝手話しまくっていたら、
いつの間にか時計の針は新しい日付を刻んでいた。

あんなグダグダトークをまとめた
ライターのいからしさん、
そして同行の編集さんの力量は
それこそハンパないのであった(爆)

さて、イントロの最後にはこうある。

予想以上に盛り上がったこの対談、2回に分けてお届けしましょう。

後編はいつアップされるのか。
浪人にも今のところ分からないが、
更新され次第このブログにて報告したい。


わからないと言えば、
「さんふらわあ今昔物語」の連載。

つい先日、3か月ぶりに第2回がアップされたと思ったら、
対談前編アップの翌日には連載第3回が更新されいた!

Vol.3 「さんふらわあ」北へ!♯1
https://www.mol.co.jp/casualcruise-sunflower/article/time/konjaku_03/

首都圏と北海道をつなぐフェリーといえば、大洗(茨城県)発着の「さんふらわあ」。
北を目指す旅人にはなくてはならない存在だ。
ところで、東京からも北海道行き「さんふらわあ」が発着していたことをご存じだろうか?

というイントロからスタートする
さんふらわあ北海道航路ヒストリーだ。
こちらも続編があるので、
今後にこうご期待。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今こそフェリーに乗って旅に出よ!(前編) 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる