航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ、新航路、乗ろう#6(終) 2年ぶりの宮古にて

<<   作成日時 : 2018/08/29 10:48  

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

シルバークィーンを下船すると
宮古港フェリーターミナルの2階に出る。
画像

2階は待合所になっている。
画像

画像


午前8時発の室蘭行きの乗船手続きが始まっていた
画像


室蘭に負けず、宮古の売店も品ぞろえは充実!
画像

浪人はここでお土産に「かもめの玉子」夏祭りバージョンを購入
画像

新航路開設記念切手も発売中
画像

フードも充実
画像

シルバークィーンにはオートレストランしかないので、
室蘭行きではここで弁当を買って朝食にするのもありだな
画像

カレーやうどん、そばも販売
画像

フェリーを見ながらのイートインコーナー
画像

画像


ちなみにきょうは東京に帰る日。
酷暑はかなわん、と思っていたら
本日は涼しいらしい。
32℃で涼しい、と思うのはすでに感覚が壊れている証拠だw
画像

岩手県内の天気予報。沿岸にある宮古の最高気温は26℃。このままここにいたいものだ
画像


徒歩乗船者にとって、ありがたい連絡バス。
宮古駅前はもちろん、一気に盛岡駅前まで行ってくれる。
盛岡までは値段も2100円と安い。
ただしトイレはついていないとのこと。
画像

急ぎの人はタクシーを
画像


バスの発車までまだ時間があるので、
できたばかりのターミナルをじっくり見学しよう。
ターミナル1階のアート
画像

画像

画像


同じく1階にて
画像

このゆるキャラの実物見たことがあるなあ…
画像

ああ、2年前の飛鳥Uのときだ(笑)
しかもまさにこの場所で。
2年前にはまさかここにフェリーターミナルができるなんて
夢にも思わなかった
画像


3階はホールとなっている。
表示の利用方法のほかに、
2011年3月11日のように大きな津波がやってきたとき
ここに避難することができるようになっている
画像

宮古港についてのパネル展示も行われている
画像


3階ホールから、シルバークィーンを眺める
画像

画像

シルバークイーンなのかシルバークィーンなのか?
フェリーファンの間でも論争が絶えないが、船名はこう
画像


想像していたよりもずいぶんと立派なバスで宮古駅前に向かう。160円なり。
画像

宮古駅までは浪人のほかに、仙台から普通列車乗り継いで宮古に来て、
シルバークィーンで室蘭まで往復し、これから仙台までのんびり帰るというシニア夫妻が。
夫妻がイートインコーナーでずっと話をしていた中年男性は、このバスには乗らない。
これから歩いて釜石まで行くという・・・

こちらがバスの車内
画像


バスは定時に発車する。
今度は、ここから室蘭まで昼クルーズをしたいものである
画像


フェリーターミナルから10分でJR宮古駅前に到着
画像

駅に隣接する観光案内所でも、新航路開設を祝う
画像

駅のトイレの中も祝賀ムード
画像


フェリーで早朝に宮古に着いたら、
宮古魚菜市場で海鮮丼の朝食を!
しかしこの日は水曜日。
市場がお休みになる曜日である。
そこで、駅から徒歩10分ほどのファミレスで朝食を済ませ、
盛岡行きの快速列車が出る9時25分までしばし散策とする。

2年前に宮古に来たと言っても、
あのときは飛鳥Uが用意してくれたシャトルバスで船と浄土ヶ浜を往復しただけ。
つまり宮古の街は全く歩けなかった。
そこで朝食後、末広通りという古い目抜き通りを歩いてみた。大漁旗がいくつも掲げられている。
画像

ここにも新航路開設を祝うのぼりが
画像

画像


JR宮古駅のすぐ横に三陸鉄道の宮古駅がある。
ここから久慈までが北リアス線となる。
画像

三鉄トラベルさんも新航路を利用した北海道ツアーを企画
画像


ちょうど久慈からの電車が到着したところだ
画像

三陸鉄道に乗って久慈、さらにJR八戸線に乗り換えて八戸まで鉄分たっぷりの旅も楽しそうだが、
今回は盛岡へ行く
画像


電車は三鉄キットドリームスのラッピング
この球団についてはこちらを見てほしい
https://nestle.jp/brand/kit/kittozutto/
画像


駅内にある「さんてつグッズ」のお店
画像

画像

このトートバッグは、浪人も持っている。
2年前の飛鳥Uクルーズでの訪問時、
ふ頭に出店していた三陸鉄道のブースで購入した。
頑丈で、いまも買い物などで大活躍している
画像


三陸鉄道は久慈〜宮古の北リアス線と、
釜石〜盛(大船渡)の南リアス線があり、
宮古〜釜石はJR山田線となっている。
ただし、2011年3月11日以来不通となっている。
来年3月23日、宮古〜釜石間も三陸鉄道となり、
久慈から盛まで三陸鉄道リアス線となるのであった
画像


そけいは漢字で書くと「磯鶏」。
フェリーターミナルから徒歩10分ほどのところにあるが、現在は不通。
来年3月23日以降は三陸鉄道リアス線の駅として復活する
画像


<そうだ、新航路、乗ろう 完>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうだ、新航路、乗ろう#6(終) 2年ぶりの宮古にて 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる