航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 『もっと石川』

<<   作成日時 : 2018/04/30 09:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

石川県観光ガイドブック『もっと石川』。
石川県内の観光地や
東京都内では石川県のアンテナショップ
「いしかわ百万石物語*江戸本店」(有楽町線「銀座一丁目」駅4番出口すぐ)
http://100mangokushop.jp/access
などで入手可能な無料の冊子。

2018年度の『もっと石川』の巻頭特集が
「金沢港発着、船の旅」に石川観光をプラスする
という4ページの記事。
画像

この記事は浪人が担当した。

実は、『もっと石川』に寄稿するのは
これで2年連続となる。
昨年度号は「金沢港発着のクルーズ」
つまり「コスタネオロマンチカ」についての特集を執筆した。
画像


今年度号でもコスタネオロマンチカの
金沢発着日本海周遊クルーズ(2018年7〜8月実施)について触れているが、
去年と異なるのは「飛鳥U」「にっぽん丸」と日本船についてのスペースが大きくなっている点。
画像


さらに、クルーズの前後に金沢を始め
石川県の旅行トッピングを提案している。

とくに船の旅ということもあり、
北前船ゆかりの地めぐりをおススメしている。

そのなかで触れたのは
コスタネオロマンチカが出入りする金沢港に近い
大野・金石(かないわ)という港町。
ここはかつて北前船交易で繁栄した町で、
その雰囲気がいまも残っている。

そしてここは浪人父の実家がある港町で
浪人の本籍地もここである。

子供のころはよく週末になると遊びに行っていたが、
今世紀に入ってからは船旅がらみでの訪問が多くなっている。

2006年夏には「ニューれいんぼうべる」で
http://rohnin1966.at.webry.info/200802/article_14.html
2013年5月には「コスタヴィクトリア」で
http://rohnin1966.at.webry.info/201310/article_7.html
2016年夏には再び「コスタヴィクトリア」
http://rohnin1966.at.webry.info/201610/index.html
そしてまだ記憶にも新しい2017年春の「コスタネオロマンチカ」
http://rohnin1966.at.webry.info/201706/index.html

なんとも不思議な縁を思いつつ、
楽しみながら書いた原稿でもあった。

昨年、北朝鮮のミサイルが何かと日本海を騒がせた影響で
2018年の金沢発着クルーズの本数も激減。
この先どうなるかはまだ予断を許さないが、
朝鮮半島情勢が融和ムードになりつつある現在。
半島や日本海にも平穏が訪れ、
コスタの日本海周遊クルーズがまた増発されてほしいものだ。








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『もっと石川』 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる