航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めての「越ノ潟フェリー」&クルーズ最新号で「にっぽん丸」で大洗レポート!

<<   作成日時 : 2017/08/28 11:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょうど1ヶ月ぶりの更新となった。

去年の8月は「コスタ・ヴィクトリア」の金沢発着クルーズを楽しんだが、
今年は大きな船旅企画はなし。

そういうこともあってか、1ヶ月もブログ更新をほったからしにした次第(笑)

そうそう、8月にした船旅と言えば・・・
富山県の越ノ潟フェリーで往復10分間のプチクルーズを初体験!
画像

http://pcpulab.mydns.jp/main/watashifune.htm

去年の日本海周遊クルーズに比べると
ずいぶんスケールも小さかったけれど、
たまにはこんな風情のある渡船の旅も良いもんだ、と実感。
画像

画像


なによりこんなレトロ感満載の船旅が無料でできるのは素晴らしい。
こちらは越ノ潟発着所の内部
画像


発着所を出ると目の前には高岡駅行き路面電車・万葉線「越ノ潟」駅が
画像


新湊大橋の開通で、便数も減ったというが
まだまだ大切な住民の足だ
画像


船内や発着所にはロシア語の併記。
かつて、万葉線の「中伏木」駅の近くにある伏木港から
ウラジオストク行きの「ルーシ」が週1便出ていた名残なのかな?
画像

いつまでも残してほしい渡船だ。。


さて、この富山滞在中にはこんなことも。
それは毎週日曜の夕方に日本テレビ系列で放映される
『真相報道バンキシャ!』のお手伝いを少ししたこと。
http://www.ntv.co.jp/bankisha/index.html

8月13日の放送で、こんなコーナーが取り上げられることに・・・
画像

ということで、そのリサーチに協力したということ。

見逃した方はこちらから見ることが可能。
40:25あたりからフェリーコーナーが始まる。
https://search.yahoo.co.jp/video/search;_ylt=A2RinF7WgKNZPl4Azx6HrPN7?p=%E7%9C%9F%E7%9B%B8%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%80%802017%E5%B9%B48%E6%9C%8813%E6%97%A5&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


で、東京に戻ってきて慌ただしく過ごしていたら、
本日(8月28日)、『クルーズ』最新号が発売☆
画像


今号のフェリーdeクルーズ港編では
神戸の六甲アイランドをピックアップ。
画像


そしてクルーズレポートでは
7月11〜13日に行われた
夏の八戸〜大洗〜横浜クルーズに密着。
画像

大洗といえば北海道行きのフェリーが発着する港町。
そこへクルーズ客船で寄港。
勝手知ったる大洗、のはずだったが
浪人はいままで見ることのなかった大洗の魅力を
にっぽん丸によって発見する!

その内容は・・・、ぜひ読んでみて(^_-)

今号の特集は
まだ間に合う!
今年の日本発着クルーズ

浪人の記事はないが、
●ダイヤモンド・プリンセス(プリンセス・クルーズ)
●コスタ ネオロマンチカ(コスタクルーズ)
●スーパースターヴァーゴ(スタークルーズ)
のクルーズレポートが満載。

浪人も複数乗船経験がある
ダイヤモンド・プリンセスやコスタネオロマンチカは
どんなレポートなのか、乞うご期待。
http://www.cruise-mag.com/current_mag/index.html

そして表紙を飾るのは
この夏から日本発着クルーズを開始した
スーパースターヴァーゴ。
画像


実はクルーズ発売前日の8月27日、
その横浜入港シーンだけでなく
船内見学も行ってきた。
画像

その詳細は後日。

そして、9月からは再びアグレッシヴに船旅に出る予定。
さて、次はどの船に乗って、どこへ行くのか?


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初めての「越ノ潟フェリー」&クルーズ最新号で「にっぽん丸」で大洗レポート! 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる