航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS おひとりサマーの新造フェリー乗り継ぎ北海道2〜らべんだあ編A

<<   作成日時 : 2017/07/05 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

新潟の朝!
ホテルの料金込みの朝食は
地元のソウルフードとも呼ばれる
ヤスダヨーグルトをお代わり☆
画像

画像


チェックアウトしたものの、新潟出発まで少し時間があったので、駅ナカのお土産店を物色。
舞鶴は東郷提督だったが、
新潟は長岡出身の山本五十六さんがシンボル
画像


新潟のイタリアンは、コスタネオロマンチカで食べるイタリアンとは全くの別物なので注意が必要だ
https://www.nvcb.or.jp/tokushu/gourmet/report1.html
画像


キオスクにあった朝日新聞スタンド。
浪人が最後に新潟を訪れた8年前(2009年)の夏、
新潟代表チームが初めて甲子園の決勝に進んだ。
しかも9回2死無走者から5点返して1点差に詰め寄るという球史に残る大接戦を演じての準優勝。
その連載がいま、朝日新聞の朝刊で行われている。
なぜかそのスタンドに産経新聞が入っていたのはご愛敬・・・
画像


さて、新潟駅前のバスターミナルへ。
今回はこちらではない
画像


この10番バス停から発車する路線バスに乗る。
まるで蛭子さんのようだが、バスの乗り継ぎはしない。
画像


新潟駅前を10時15分に発車したこのバス、
途中でボトナム通りに合流する。
あの北朝鮮への帰国船が出たふ頭へ通じる道だ。
画像

浪人も、このまま北朝鮮に行くのか?
確かにこのバスは、そのふ頭の方角を目指している・・・・

新潟駅前を発車してから15分後、目的地に到着
画像


北は北でも38度線の北ではなく、
北海道行きのフェリーターミナルにやってきた
画像

新潟駅発でこのフェリーターミナルにやってくるバスは
1日2本のみ。
もう少しすれば、1日1便になるだろう・・・・
画像


こちらはウィラーエクスプレスのバス停。
新潟港で下船したあと、帰京する際に利用価値大
画像

このフェリーターミナルから直接、池袋やバスタ新宿に直行できる
画像


乗船手続きは始まっていたが、
インターネット予約&クレジットカード精算の浪人は
『e乗船券お客さま控』(電子乗船券) をプリントアウトしてきたので、一切の手続き不要!
画像

カウンターにて
画像

その代わり、浪人が8年前に乗船した「フェリーしらかば」が引退
画像


手続き不要のため乗船まで余裕たっぷり
画像

「らいらっく」のモデルシップを撮影したりしてまた〜りと過ごす
画像

ペーパークラフト3姉妹も激写
画像


それでは2階へ。
8年前、新潟→敦賀で「フェリーしらかば」に乗船した際に立ち寄ったショップ・SEAMANも健在!
画像

しかし売り物のラインナップが激変!
8年前は大河ドラマ効果で「天地人」グッズ多数だったが、いまやNGT48の時代に・・・
画像

Jリーグのアルビレックス新潟の試合結果や順位を知らせるボードもいつの間にか設置されていた。
で、アルビレックスの現在順位は・・・・1位(下から)☆
このままだとJ2に自動降格だ!
画像

あきらめない これからこれから!
画像


まもなく乗用車の乗船が始まる
画像

そして旅客の乗船もスタート
画像


(続く)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おひとりサマーの新造フェリー乗り継ぎ北海道2〜らべんだあ編A 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる