航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS おひとりサマーの新造フェリー乗り継ぎ北海道10〜さんふらわあ ふらの編D

<<   作成日時 : 2017/07/21 09:39   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます!
コンフォートで快適に爆睡し
6時半に起床するやいなや朝風呂。
で、風呂上がりのこの時刻
画像


デッキに出てみたら・・・濃霧
画像

これでは金華山も見えない。
コスタネオロマンチカの蔚山沖を思い出させるふか〜い霧
画像


それでは朝食のためにレストランへGO☆
画像


午前8時ちょっと前、レストランはかなりの盛況
画像

こちらがレストランの入口
画像

浪人はインターネットで夕食・朝食セット1550円を予約し
苫小牧港でセット食券を発券していたので、
この券売機を利用する手間はない
画像

夕食・朝食セット券はここで回収される
画像

朝食もバイキング方式
画像

画像

画像

「さんふらわあ ふらの」の朝食
画像

デザートもカプチーノもしっかり摂取
画像


レストランを出て視界に入る風景
丸窓が船旅の雰囲気を盛り上げる、ちょっとした仕掛けになっている
画像


ショップがOPENしたので買い物に
画像

ショップのキャッシャーとインフォメーションカウンターはつながっている
画像

しらすは大洗の特産品だが、その上の棚に緑の物体がふたつ。
おそらくマリモと思われる・・・
画像

「さんふらわあ ふらの」乗船記念にマグネット(左)とステッカーを購入
画像


この船では船内イベントがないので、14時の到着までのんびり過ごす。
後部デッキに出てみたら、霧が晴れて、強い陽射しが照りつけ始めていた。
画像


なんだろこれ?
なお、現在位置は福島沖
画像


この物体がくっきりと見え始めたとき、
右舷側デッキにもちらほら乗客の姿が。
上のデッキではなぜか「タイタニックごっこ」の若いカップル。
下ではケータイの電波が入るようになって、業務連絡にいそしむ物流関係の男性。
画像

最初は「タイタニックごっこ」かと思ったが、実は単にいちゃついているだけのようであった。
あの有名なシーンもついに真似せず。
よく考えてみれば「タイタニック」が流行したのはもう20年ほど前の話。
いまの若者はリアルタイムの記憶がほぼないんだな・・・・

いわき市(福島県)の塩屋崎で、ようやく陸地が見えるようになった
画像


ランチまでまだ30分ほど時間がある。
船内のタッチパネルで知床の動画を見て過ごす
画像

あと、大洗港フェリーターミナルから
大洗駅までの徒歩ルートも確認しておく
画像


昼食はカレーバイキング!
画像

中華丼も楽しめる
画像

船内で最後のバイキング。旅の終わりが近づいているね
画像

美味なる船・にっぽん丸を擁する商船三井系の船ということもありカレーは絶品☆
さらにカレー皿に右上にあるスープカレーも美味!
もちろんお代わりしまくりである。
北海道と言ったらスープカレーっしょ(^_-)
画像


ランチを終え、荷造りも済ませ、13時ごろデッキに。
東海村が見えてきた。
もうここは関東
画像


<続く>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おひとりサマーの新造フェリー乗り継ぎ北海道10〜さんふらわあ ふらの編D 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる