航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS さらばコペンハーゲン愚連隊:コスタネオロマンチカでウラジオ&南北コリアをゆく5

<<   作成日時 : 2017/06/12 10:04   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

【緊張の夏、日本海の夏】
クルーズ2日目にして最悪の事態が発生した。
北朝鮮の弾道ミサイルが日本海に向けて発射されたのである。
今クルーズ最初にして最後の終日航海日を迎えたコスタネオロマンチカは
無事、ウラジオにたどり着けるのか?

5月29日午前6時20分過ぎ、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射!
その海上には、金沢を出てウラジオに向かうコスタネオロマンチカが・・・
画像

「朝日新聞」2017年6月8日付け夕刊1面を撮影


そんなことも知らず、コペンハーゲン愚連隊が目覚めたのは船内時刻午前8時(日本時間7時)。
キャビンのテレビでは今クルーズの寄港地天気予報が映し出されており、
弾道ミサイルの件については愚連隊も知るよしもなし。
画像


キャビンでまず朝ミーティング。
朝食はブッフェにするか、ボッティチェッリにするかで、愚連隊内部で激論が。
結局、ボッティチェッリに落ち着く。
日本人の乗客の多くが「オリエンタル」セットを頼むが、おいおい、ここはイタリアンシップだぜ?
画像


お粥やおにぎりなど日本人パッセンジャー向けのメニューもあるが・・・
おいおい、ここはイタリアンシップだぜ(笑)
画像


まずはパンとハムとヨーグルトがサーブされ
画像


こちらが浪人チョイスのスペイン風セット。
実はトマトは苦手なので、これだけは
オリエンタルセットを頼んだH氏におすそ分け。
画像


食後、Sじいは「ちょっと勉強がしたい」と静かな空間を求めてどこかに消える。
ちなみにSじいは、このクルーズに3台のノートパソコンを持ち込んでいるが、
何がしたいのかはH氏も浪人も図りかねている。

H氏と浪人は、昨夜とんこつラーメンをすすったグリルに移動。
画像


グリルの朝は「甘いもの天国」になっていた。
さっそくH氏とプールサイドで山分けとする。
画像


昨日の金沢出港時、船内アナウンスで「明日は悪天候が予想されます」とのことだったが・・・
ちょっと肌寒いが、見事な晴天だ
画像

画像


この青空に誘われて、サントロペプールサイドに人だかりが
画像


そして北のミサイル発射のことを知ってか知らずか踊り出す人々も☆
画像


まっ、いいか。
今日は楽しい終日航海日
画像

画像


船尾のリドバーモンテカルロは入場15米ドルのサンクチュアリ。
海パン姿の小島よしお風シニアもいたが、ちょっと寒いのでは?
画像


サントロペプールではクルーインターナショナルフェストと題した、ビール&ソーセージまつりが。
踊り踊るなら、ちょいとコスタ音頭ヨイヨイ!
いま考えると、とても弾道ミサイルが近くに落ちた海とは思えません。
画像


ダンスには興味がない愚連隊。
ダンスが済んだとばかりに船内探検。
こちらはラ・フィオレンティーナ(ステーキハウス)。
このクルーズではプロモーション価格で
1ドリンク付き33.50米ドル(サービス料含む)
画像


フィオレンティーナのメニュー
画像


イタリア広場でドリンクの価格調査を行う愚連隊
画像

ここの正式名称は、グランドバー・ピアッツァイタリアだが、
面倒くさいので今後は「イタリア広場」とする

メニューは英語の他に
日本海クルーズの主力を占める乗客が使う
日本語とハングル文字で表記されている
画像

画像

画像


ミサイルが落ちて日本は大騒ぎだったそうだが、
船上は戦場とは無縁ののどかさだ
画像

ここでSじいが愚連隊に合流。
「この船には静かな場所がないんですか!」と
いきなりおかんむりの様子。
きけば、どこでもそこでも音楽が大音量で鳴り響き
ダンスが繰り広げられているため
おちついて読書もできないのだという。
そもそも図書館という名のスペースにも本は1冊も置いていないし、

もうひとつSじいには不満がある。
彼の知的好奇心を満たす講座というか船内企画が皆無なのである。
「ここは平安の昔は、渤海国と日本の航路があったところですよね?あと、ウラジオストクの歴史とか。
そんな話を船内では聴けると思ったんだけどなあ」
ちなみにSじいは日本史世界史問わずそういうものに深い知識がある。

実は昨夏のコスタ・ヴィクトリアの日本海周遊クルーズで
あまりの踊りしかない船内企画に嫌気がさした浪人も
下船前に提出したアンケートに
「以前乗船したダイヤモンド・プリンセスの日本発着クルーズでは
海事の専門家の先生が乗船されていまして、
その方のレクチャーが本当にためになりました。
そういう企画をこちらでもお願いします」
と書いておいた。

その意見は通らなかったらしい。


そして、あっというまにランチタ〜イム!
愚連隊ではまた議論が巻き起こる。
もちろん「昼飯はブッフェかボッティチェッリか?」についてだ。
H氏と浪人は、今クルーズ初のブッフェにしようじゃないかと言ったが
Sじいは「さっき見にいったんだけど、コースメニューのほうが絶対にいいです!」と強硬に主張。
隊論を二分する大論争の末、まずはブッフェを見にいこうではないかと・・・
画像

いやはや、芋洗坂係長ですなあ・・・・

この人混みにすっかり嫌気がさしたSじい。
メニューはけっこう美味しそうに見えるのだが、
Sじいがブッフェ反対論をさらに強硬に展開。
結局お昼もボッティチェッリに(苦笑)
画像


ボッティチェッリではランチもコースメニューである
画像


いやはや美味しくいただきました☆
ブオーノブオーノ
画像


デザートはパンナコッタ、なんてこった!
画像

とにかく人混みがすごいブッフェに比べ、
ボッティチェッリはまず席が確保され、
整然とした雰囲気で食事ができる。
そこがSじいは気に入った模様。
逆にブッフェのように、自分の好みでいろいろ食べられる自由を愛する乗客もいて、
クルーズ中はディナー以外こちらには足を運ばなかったという人もいるから
好みというのは本当にいろいろだ。

そしてメガネのおじさんのウインクに引き寄せられるように
食後はコーヒー&チョコレートバーに
画像


ここは有料バーだが、
いや、有料だからこそカプチーノが非常にうまい☆
デザートまで頼んでしまった愚連隊
画像


ミサイル騒動などどこ吹く風のコスタネオロマンチカ。
次号は午後の部!

(続く)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらばコペンハーゲン愚連隊:コスタネオロマンチカでウラジオ&南北コリアをゆく5 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる