航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS さらばコペンハーゲン愚連隊:コスタネオロマンチカでウラジオ&南北コリアをゆく19

<<   作成日時 : 2017/06/26 09:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

6月3日の朝食。
愚連隊全員で珍しくジャルディーノ・ブッフェレストランへ。
昨夜のトラットリアでお腹いっぱいになったため、朝はコース料理を回避したのだ。
量も比較的控えめ。
画像


穏やかな朝食の風景に見える。
しかし実はこのとき、今クルーズでは最大の揺れが起きており、
ギャレーから「ドンガラドッシャン!」という激しい音が響いていた。
画像


9時15分からイタリア広場で明日金沢にて下船の船客に対する説明会が開催される。
いつのまにか愚連隊のクルーズも残りわずかとなっていた。
昨年コスタ・ヴィクトリアで下船説明会に出ていた浪人は参加をパスし、
初めてのH氏とSじいに出てもらう。

下船説明会終了後の10時半から、
デッキ9のショッピングエリア「ヴィア・コンドッティ」でファッションショー。
モデルを務めるのはラテンダンサーチームの美男美女たちだ。
画像

このショーの目的は、ショップで扱うブランド品のプロモーション。
MCの日本人女性スタッフが言う。
「見ているばかりではいけません。次は皆さんがモデルになる番です!」
画像

いやいや、どう考えてもクルーズに乗っているシニア船客たちが
世界に名だたるブランド品を身につけたとしても、このラテンダンサーのようにはなれんだろ・・・。
しかしショー直後、ショップにはいつになくブランド品を物色するシニア船客が増えた(爆)

キャビンに戻ると、また浪人のベッドの上に珍客が訪問してきていた。
画像


そして恒例の満足度アンケートも届いていた。
画像


Sじいは
「次は母親と妻を乗せようと思っていたのですが、
マナーの悪すぎるシニア乗客が多すぎて、これではとてもムリです!」
などなど、言いたいことはすべて書き連ねる。
画像


いっぽう、H氏。
「踊りのイベントが多すぎて、船内で心静かに読書できるスペースが少ない。
もうすこし静かなスペースを確保できませんか」
と書きたかったのだが、
思い直して、次のように書いていた。

「日本人のメンタリティからすれば、アンケートとは匿名が絶対条件。
しかし、このアンケートはキャビン番号も乗客名もプリントされている。
これでは日本人船客の本当の声が届きにくいかと思いますので、
有効なマーケティングリサーチがお望みなら、完全に匿名にするのが得策かと」

海外移住がすでに15年になるSじいは
もともと歯に衣着せぬ物言いだったのが、
海外暮らしでますますその傾向が強くなっていた。
もはや一般に言われる日本人のメンタリティなど持ち合わせていない彼は
「実名制だってそんなの関係ないスよ!」
と、空欄からあふれるほどなにやら注文を書き連ねていた。

コスタクルーズの燃える商魂。
画像

10月で日本海周遊クルーズは終わるが、11月からは東京発着の沖縄・台湾クルーズがある。
http://www.i-net-japan.co.jp/costa/2017-04-17-02.html

その割引券が1名につき1枚ずつ。
ただし下船から1ヶ月後までの申し込みに限り有効。
ちなみにSじいは夏川りみの大ファンなので、
来年のGWに夏川りみも同乗しコンサートが開かれる
他社の日本発着クルーズを熱心に検討している。
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_i.php?p_hei=10&p_course_id=PT103A

そうこうしているうちに丹後半島が見えてきた。
画像


本日の深夜25時(明日午前1時)までに、
金沢のターミナルまでクルーに運んでほしい荷物を廊下に出しておかねばならない。
浪人とH氏はそそくさと、コペンハーゲンのデッキからの撤収作業を終える。
いっぽう、なんのためだかはまったくわからなかったが
パソコン3台を船に持ち込んだSじい。
パソコンに何かあったら大変だ、と異様に大きなスーツケースは自身で持って下船することに。
「そりゃあ大変なので、せめて、荷物は小分けにしておいたら・・・」
と、2人は言ったが、一度言い出したら聞かないSじいは
「これで大丈夫です!」
と、ゆずらない(笑)

愚連隊3名、プールサイドで無駄話。
まあ今日の午前中はのんびり航海だ。
昨晩からの揺れもいつの間にかおさまった
画像


正午になる前、本日もボッティチェッリでランチとする
画像

画像


ランチタイムの途中で、リアス式の海岸線が美しい舞鶴湾に入った
画像


浪人はボッティチェッリを抜け出して、美湾をしばし眺める
画像


ボッティチェッリに戻る。
舞鶴と言えば海軍カレー!
妙にカレーが食べたくなったので、
メインディッシュはフライドポークのベジタブルカレーソース ライス付き」にした。
なかなか上品なお味
画像


ゆったりとしたランチタイムが終わる13時30分、
コスタネオロマンチカは舞鶴に入港した。
画像

H氏は例によってぶらり街歩き&温泉。
Sじいは歴史散歩と称して西舞鶴に残る田辺城跡へ。
そして浪人は今クルーズ2度目のツアー参加。
愚連隊は福岡に続いてばらばら行動を取る。

(続く)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さらばコペンハーゲン愚連隊:コスタネオロマンチカでウラジオ&南北コリアをゆく19 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる