航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年プレイバックA

<<   作成日時 : 2016/12/28 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

つづいて2016年下半期の船旅ハイライトをどうぞ!

【7月】
2日、新おがさわら丸のデビューを目撃!
画像

クルーズ誌で新おがさわら丸のことを寄稿するなど、
デビュー前からかなり縁の深い船。
ただし、これまで乗船経験はない。

その10日後、鹿児島へ飛び、
マルエーフェリーの「フェリー波之上」に乗船。
錦江湾上での、レジェンド・オブ・ザ・シーズとの競演が思い出深い。
画像

ちなみにレジェンド・オブ・ザ・シーズは2012年GWに
JTB創立100周年クルーズで同乗取材した、
これまた浪人とは縁の深い船。
http://rohnin1966.at.webry.info/201206/index.html

フェリー波之上で那覇までクルーズ。
この1月にフェリーズ取材でクイーンコーラルプラスでも乗船した航路だが、
今回は蒼い空、青い海をこれでもかというほど瞼に焼き付けることができた。
画像

※画像は与論島

そして翌日は、1月のフェリーズ取材で天候不順の影響で
上陸できなかった慶良間諸島の阿嘉島上陸に再チャレンジ!
今回は見事成功!!
那覇と阿嘉島往復に利用した「フェリーざまみ」は、この秋、新船に交代した。
ありがとう。
画像


【8月】
コスタ・ヴィクトリアの日本海周遊クルーズに家族で乗船!
8月11日から16日まで金沢〜境港〜釜山〜福岡〜舞鶴〜金沢をクルーズした。
画像


浪人的には今年最もインパクトの強かった船旅だったが、
人生で初めて島根県の土を踏むことができたというクルーズでもあった。
画像

これで未踏の県は残り1つとなった。

ちなみにコスタ・ヴィクトリアの日本海周遊クルーズ、
2016年のクルーズ・オブ・ザ・イヤーのグランプリを獲得した。
クルーズ・オブ・ザ・イヤー、コスタ日本海周遊がグランプリ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20161208_01


【9月】
デビュー5周年の太平洋フェリー「いしかり」で苫小牧〜仙台〜名古屋
デビューイヤー以来、5年ぶりの乗船となった「いしかり」。
クルーズ誌の取材で久しぶりに太平洋フェリーのクルーズを満喫できたうえ、
札幌と仙台で友人に再会することもできた。
クルーズ編集部に感謝ですm(_ _)m
画像


【11月】
オーシャン東九フェリー&南海フェリーで47都道府県完全制覇!
東京から引退間際の「おーしゃんのーす」で徳島へ。
画像


徳島から高速バスで大阪へ。
その翌日、南海電車で最後に残された未踏県・和歌山に到達!
これでついに47都道府県完全制覇を達成した。
画像


そして南海フェリー「フェリーつるぎ」で和歌山を離れ徳島へ。
画像


徳島に到着するやいなや、南海フェリーターミナルから歩いてオーシャン東九フェリーの新ターミナルへ。
この日は特別ダイヤの午後8時出港だったので実現できた企画だった。
そしてオーシャン東九フェリーの新造船「フェリーしまんと」に乗ったぜよ!
画像


最終日は日中の東京湾クルーズが実現。
そこで偶然目にしたのは・・・
解体の船旅に出た2代目「おがさわら丸」であった。
画像

「フェリーしまんと」という生まれたばかりの船から
使命を終えて姿を消す「おがさわら丸」を見つめるという、
何とも感慨深い時間であった。

【12月】
2017年3月末発売の「フェリーズ」取材でフェリー乗り継ぎ旅
先日実施して、まだその興奮冷めやらぬといったところ。
詳しい内容はまだ明かせないが、その時に撮影した画像をいくつか披露したい。
画像

画像

画像

1年のしめくくりとしては、非常に有意義な船旅となった。
その模様は「フェリーズ」最新号までお楽しみに。

それでは来年も、よろしくお願いします。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年プレイバックA 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる