航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS コスタ・ヴィクトリアで日本海周遊2016その7(洋上編)

<<   作成日時 : 2016/10/25 11:35   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

福岡出港の翌日。
午前7時現在、鳥取沖を航行。
タバコを吸いにデッキに出た弟の報告によると、外は雨。
画像

日本周遊クルーズながら、日本の通常の地上波・衛星放送の視聴はできない。
そのため、リオ五輪でメダルが何個取れたとか、
甲子園でどこが勝ち上がっているのかとか、
大河ドラマ「真田丸」で石田三成と徳川家康の対立がどうなったのかとか、
阪神が中日に3連勝したタイガードラマのことなど、
キャビンのテレビだけでは一切わからぬ。
寄港地で知ったここ最近の大ニュースはSMAP解散だった。

朝食、
毎朝オムレツを焼いてもらう。
画像


オムレツ待ちの徒然なるままにブッフェレストランを撮影
画像


福岡から舞鶴まで21時間。
このクルーズ、毎日寄港地があって実に慌ただしいが、
この航路が唯一、洋上ライフを満喫できる貴重な時間帯である。
朝食後、家族で船内探検。
こちらはマニーフィコ・クラブレストラン。
有料レストランで33.50米ドルのカバーチャージ
画像


ロックスターという名のディスコ
画像


アサヒスーパードライなのが残念。
せめてヱビスかプレミアムモルツを・・・
画像


フェスティバル劇場上段の船尾から眺める日本海の航跡
いつの間にか雨は上がっていた
画像


フェスティバル劇場の船尾側にある大人の隠れ家バー。
このクルーズでは営業していない模様
画像


大人の隠れ家バーはなかなかシック
画像


こちらは別のバーにあるモデルシップ。好きな人にはたまらない画像かも
画像


母と弟は船内散策続行。
浪人は一家を代表して金沢下船説明会に出席。
そうか、もう明日の今ごろは下船だよ・・・
画像


こちらは荷物を全部ポーターに預けてしまい、下船時に着る服がなくなってしまった家族の画像。
コスタのアニメーションチームから衣装を借りて下船w
最後の晩のお泊まり服は残しておきましょう、という戒め画像だ(笑)
せっかくなら一度はこういうかっこうで日本の港に下りてみるのも悪くない
画像


午前10時20分頃、コスタ・ヴィクトリアの右舷側に丹後半島が
画像


プールデッキでは、エンターテインメントと乗船者が一緒に踊るイベントが繰り広げられていた
画像


フルーツの彫刻もなぜか踊ってるように見える
画像


このクルーズでは一度も試せなかったハンバーガーたち
終日航海日が1日でもあれば、もっとクルーズを満喫できるのに
画像


このクルーズで唯一の、日中航海。
どんより曇るイマイチの空だが、湿度がメチャ高でプールやジャグジーで芋を洗う乗船者多数
画像


プールサイドはこのように楽しげだが、実は船内は異様な光景を呈していた。
画像

この日の午後、舞鶴で下船する乗船者は午前8時までに住み慣れたキャビンを明け渡さねばならず、
荷物を持ったまま居場所を求めて船内を右往左往。
舞鶴だけは午後1時と入港時間が遅いため、
このような「楽園追放」の時間も他の寄港地よりも長くなり、
疲れ切った表情の乗船者、
いや、もはや難民といったほうが適当かも知れない人々がパブリックスペースにあふれていた。

いっぽう、浪人一家は舞鶴上陸に備えて、
ブッフェレストランでちょっと早めのランチを、丹後半島を眺めつついただくことに
画像


陸地が近いのでワンセグで甲子園も視られるように
画像


今クルーズで唯一の船上ランチ。スパゲッティをいただこう
画像


今日はサーモンスパゲティ、ということが一目瞭然w
画像


なかなか美味であった
画像


<つづく>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コスタ・ヴィクトリアで日本海周遊2016その7(洋上編) 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる