航海作家カナマルトモヨシの船旅人生

アクセスカウンタ

zoom RSS コスタ・ヴィクトリアで日本海周遊2016その5(博多編)

<<   作成日時 : 2016/10/21 11:44   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

熱狂のベニスカーニバルから一夜明けて・・・
ここはもうイタリアか?
画像


我がキャビンの目印にと、母が実家から持ってきた人形をドアノブに付けておいた。
けさ、なぜかこれを撮影。
そしてこの日のうちに、この人形は盗まれた(>_<)
「客船であんなもん盗られるなんて!」と、母は怒るよりも呆れていた。
強盗はないが、せこい物盗りはある。
さすがイタリアではないか(笑)
画像


そろそろヴェネツィアだな
画像


朝食ブッフェレストランの窓からヴェネツィアが見える。
ん、なんだか妙に見覚えのある景色なんだが・・・
画像


左はヤフオクドーム
あっ、ここは福岡でした(^^;)
画像


釜山行きフェリー「ニューかめりあ」の前に着岸
画像


こちらは昨年オープンした福岡クルーズセンター。
かつてここに東日本フェリー(福岡〜直江津〜室蘭)のターミナルがあったはずだが、
いまはその存在すら覚えている人も少ないだろう
画像


福岡では日本入国審査が行われるので、
福岡で上陸予定のない乗客も下船しなければならない。
カーニバルの余韻が覚めないメインホールへ下りてきた
画像


昨日釜山から新たな韓国人乗客が多数乗船。
ハナツアーのお客さん用の掲示板らしい。
21:45の波線部分は「ベニスカーニバルパーティー」とある。
右上の紙は日本の税関申告書
画像


無事、日本入国を果たした浪人一家3人、
福岡クルーズセンター前からタクシーを拾う
画像


家族3人タクシーで向かったのは博多駅。
母と弟はお土産をここで買った。
買い物が済むと、タクシーで再び船へGO
画像


浪人はこの6月末に、コスタ・アレグラで来航して以来7年ぶりの福岡訪問を果たしていたが、
今回はちょうど50日ぶり、しかもコスタ・ヴィクトリアでの来博である。
きょうは、これまで見たことのない福岡を訪ねる。
まずは博多駅から徒歩ですぐの博多千年門へ。
2014年3月完成
画像

画像


門の先には寺社町
駅周辺の喧噪が嘘のような静寂が広がる
画像


博多といえばラーメンのイメージが強いが、こんな歴史的スポットも
画像


石庭が美しいお寺も
画像


「シーナと鮎川が博多から来てるよ〜。
おい、いいか、この電話はな、盗聴されてるんだよ、盗聴!」
【スネークマンショーより】https://www.youtube.com/watch?v=4ZuOWaM5izI
なに、その盗聴じゃない
おあとがよろしいようでw
画像


弘法大師ゆかりのお寺だが、この木造五重塔は2011年完成
画像


福岡大仏は写真撮影禁止なので、この画像
地獄と極楽巡りは、エアコンがないので汗びっしょりになるが、
なんだか悟りを開いた気持ちになれる
画像


櫛田神社に向かう途中、「博多町家ふるさと館」で歩みを止める
画像


見学は無料
画像


丹精込めて作り上げられた博多織の数々
画像


ふるさと館にあった七夕の短冊に綴られた願いが、
いずれも「九州に来たとですたい!」な感じ
画像


いまやワールドワイドなパワースポットとなった櫛田神社
画像


櫛田神社といえば、山笠
画像


牛若丸と弁慶の、京五条大橋での出会いが題材
画像

博多散策はもうちょっとつづく

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コスタ・ヴィクトリアで日本海周遊2016その5(博多編) 航海作家カナマルトモヨシの船旅人生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる